きさらづレトロ建築活性化委員会
レトロ建築を未来につなぐ
入会のご案内

活動計画について

平成30年度活動計画(予定)

<活動の理念>
「レトロ建築を未来につなぐ」をテーマに以下の活動を行うものとする。詳細なスケジュールについては、今後つめていくものとします。

活動項目と内容

1)機運醸成型イベント/「人があつまる」イベントの開催
・第一回イベント「界隈のレトロ建築」を開催する。
・時期:9月以降 ・場所:人参湯(候補)、その他検討
<趣旨>
・人があつまる=場、機会を創出する。
・レトロ建築の価値・魅力を再考する機会とする。
・共感・共鳴の賛同者を増やす。
<その他>
・上記以外の企画案の創出を試みる。

2)レトロ建築・基礎調査/建物再生・活用に向けた情報収集と整理
・所有者情報ほか、建物の現況に関わる各種調査を実施する。
・上記を含めた建物再生に向けた各種情報の収集活動と活用の方法を探る。
<調査方法の企画設計、他>
・調査項目の洗い出し、フォーマットづくり、人員の確保、その他
・上記の準備が整い次第、調査活動を開始する。

3)建物活用のモデルプランづくり
・基礎情報を基に課題を整理、仮説を立てて再生に繋げてゆく。
・活用イメージを創出し、共有できるようにする。
・例:蔵のあるレストラン、地域商材に特化した専門店など

4)きさらづの記憶遺産/「界隈のレトロ建築」写真集
・界隈のレトロ建築を、記憶遺産として写真集にして残す。
・理由として:最悪(きさらづの街並みから消える)の場合を想定し、いまそこにあるレトロ建築を記録し、後世に残してゆく。
・背景/ごく最近、看板建築=金澤美容室が取り壊されている。その他にも、いつ取り壊されてもおかしくないレトロ建築が多くなっている。

以上、その他追加項目があれば、その都度ご案内いたします。

冒頭写真:人参湯
撮影:cragycloud
撮影日:2018年

コメント